自分でも出来るマッサージを覚えて人より一歩先に綺麗になってみませんか

サイトマップ

トップバナー

リンパドレナージュの仕組み

リンパドレナージュという施術法やその仕組みについて聞いた事があるでしょうか。ここでは 、リンパドレナージュに関する仕組みの基礎をいくつかご紹介いたします。まず、人間の 体にとって、血のめぐりはとても大切です。そして、 リンパドレナージュによって血液がサラサラになると健康を維持できるといわれています。

血液がサラサラの状態で維持する為には、血液の流れのみでなく、リンパ液の流れが大きく関係し、リンパ の流れをよくする為のリンパトレナージュという施術が注目を集めています。 リンパドレナージュは、リンパ液をスムーズに流すための施術、ということです。

ハンド
血管に沿う形でリンパ管

血管に沿う形で、リンパ管があるのでリンパドレナージュの施術法に沿って 施術することで、血管、リンパ管共に、健康な状態になれるように促します。 また、リンパ液には、体の中で蓄積される老廃物や不要な有害物質等が蓄積されていることも知っておきましょう。

説明
老廃物や有害物質

老廃物や有害物質は、リンパ管を通り、体外に排泄されるという仕組みになっています。 なので、リンパの流れが悪くなるということは、身体にとって有害なものが蓄積されてしまうので、体調不良 になる可能性がとても高くなるのです。

その2リンパ液の滞りからくるトラブル

ヒアリング

リンパ液が滞る事によって、むくみがひどくなったり、疲労がたまりやすくなったり、肌荒れが目立ったり、美容、健康 面でも様々な不調が出てきます。そのような美容面から見ても、リン パ液がとても大切だとされていて、リンパの流れを改善する為には、リンパドレナージュの仕組みを理解し なければいけません。

リンパドレナージュの施術は、エステ等でも受けられますが、これといって難しい事はないので、リンパドレ ナージュの仕組みの基礎さえ覚えれば、自分で行うこともできます。また、リンパドレナージュの リンパとは、リンパ液のリンパの事ですが、ドレナージュという言葉はあまり聞きなれないと思います。このトレナージュの言葉の意味は、 フランス語で、排液、排出という意味があります。

医療分野で正式に取り上げられていた言葉 ポイント

ドレナージュという言葉は、ヨーロッパで100年も前から、医療分野で正式に取り上げられ ていた言葉です。また、リンパ ドレナージュの仕組みによって、毛細リンパ管、リンパ節へ、手技により刺激を与えることで、リンパ 液を循環させ、老廃物や有害物質を排泄していく仕組みとなっています。

リンパドレナージュの仕組みに沿った施術で老廃物を排泄することで、体の機能のバランスを整えることができ、 免疫や自己治癒力が上がっていきます。また、リンパドレナージュは、リンパを改善し、美と健康の為のボディトリー トメントとして現在脚光を浴びています。 更に、リンパ管の中には、不要なものがたくさんあり、その不要物をリンパドレナージュの施術で取り除けるのです。この本来持っている人間の免疫力を高める、という効果をリンパドレナージュによって促進するのです。リンパドレナージュと聞くとただのマッサージの一種だと考えている人が多いですが、実はこのような狙いと効果があるのです。これを知るだけでも、マッサージにするかドレナージュにするかの判断材料になりますし、どちらが自分にとってより 効果があり対費用がどうかなど判断できますよね。


https://houritu-mondai.net/
https://www.katou-dent.com/
https://www.nihontanteishikai.jp/choice


その3免疫をつける

足をもむ

細かく言うとリンパ液の中には、老廃物や、余分な水分、タンパク質、有害物質、死んだ細胞等が含まれて、それらをリンパドレナージュで体外にだせます。また、先に紹介したものが蓄積することで、不眠、疲労、目の疲れ等が起こります。なので、リンパドレナージュを行うことで、改善して小顔になったり、ダイエット、疲労回復にも効果的になるのです。

リンパの働きは免疫と排泄に分ける事ができます。免疫機能は、細菌から体を守り、病気を寄せ付けないようにする機能となっています。また、リンパ節は全身に600ヵ所もあるので、ろ過装置としてフィルターの役割になっている事もあり、そのリンパ節をスムーズにするのが、リンパドレナージュなのです。沢山あるなかで、体に蓄積し、悪い働きをするようになっているリンパの流れをよくすることで、健康を促進させていくのです。

有害物質が蓄積される ポイント

ろ過装置によって、老廃物や細菌等がリンパ液に乗り、全身に回らないような仕組みがあるの です。なので、そこに有害物質が蓄積される事によって、リンパの流れが悪い状態になっていれば、リンパドレナー ジュが必要になる事を仕組みの基礎的知識として覚えておきましょう。

リンパ球は、一度かかった病気等を記憶する仕組みとなっていて、病原菌が再度体に入ったら体を守ってくれるのです。 また、ウイルスに感染した際に、リンパ節が腫れますが、免疫システムが菌と戦い、生体防衛をしています。 血液検査などをウイルス等に感染した時に受けると炎症値が あがりますが、これもリンパ球が病原菌と戦っているという証拠です。 排泄機能は、栄養と酸素を動脈がカラダに運んでいて、燃焼したのちにできた老廃物を、静脈が回収するのです。 悪い物を静脈を通じて外に流していくことで、体を健康に保つ、ということです。 病気の治療と違うのはここでわかりますよね。病院などで薬をもらうのとは違い、体の中の根本から治していくのです。 もちろん病院にしかできないことも多くありますが、薬などに頼らず自己治癒力でなんとかなるのであればそうしたいですよね。


https://www.revposting-succml.com/corplist/
https://www.sougi-sos.com/saijou
http://www.hotel-bed.net/serta.htm


その4リンパドレナージュは健康と美容に効果的

手もみ

リンパは、静脈が回収しきれなかった老廃物を回収してくれる仕組みです。 回収した老廃物が蓄積されないように、リンパドレナージュによって流れを 促進することで肝臓、膀胱を経て、体の外に老廃物を排出する仕組みになっているのです。

リンパ管には、2つのタイプがあり、皮膚の浅いところで、静脈と並行してある浅リンパ管と、筋肉の近くにある深リンパ管です。浅リンパ管が滞ると、むくみ、しわ、しみ、たるみが出て、中には水いぼになる人もいます。また、深リンパ管が滞ることで、筋肉疲労、肩こり、冷え、だるさ、便秘、不眠、静脈瘤等など身体に悪い影響があります。これらをリンパドレナージュの仕組みと施術によって取り除くことができるのです。

平常心でいられるかという事が大切なポイント ポイント

リンパドレナージュの施術と仕組みによって改善せずに、滞った状態のままリ ンパを放置すると、外反母趾になる可能性があります。こういった症状をすべて改善することができるのがリンパドレナージュなのです。リンパドレナージュは、 圧と方向を考えて行う仕組みなので、老廃物をスムーズに体の外にだすことが可能です。

リンパが滞ったとしても、すぐに病気になる訳ではないのです。リンパ液の滞りは未 病とされています。そのままの状態を保っていれば、病気になる可能性が高くなるの で、早目にリンパドレナージュの仕組みを理解し、施術を行う方が良い事を基礎 的知識として覚えておきましょう。健康的で綺麗な肌でいたいのであれば、リン パドレナージュを行うほかないのかもしれません。そして施術を受けるのであれば、 体に限界がきてからでなく、早期のうちに受けるようにする必要もあります。遅くなれば遅くなるほど、回復に時間がかかってしまうのです。 他の病気と同じように早期に対応することが重要なのです。初期対応は命に関わる大切な問題ですので、すぐに対応しましょう。 初期対応が早いと本当にびっくりする位治りが早いのですが、遅れるほど数倍時間がかかってきます。


https://kobeihin.com/

その5デトックス

ふきらはぎをさする

リンパドレナージュの仕組みや方法は、とても簡単で、両手を使用して、リンパの流れが悪くなってしまった場所等を、優しくマッサージするだけでよいのです。マッサージする事によって、リンパが流れ、それだけで蓄積された老廃物が体外へ排出されていきます。

血液の流れが良くなるということは、誰もが知っているように血液が体の中に循環するという事なのですが、リンパの流れが良くなれば、老廃物を循環させる仕組みが働くのではないかと思いますよね。

「スタンスはこうでなきゃだめだ」という定義がない ポイント

リンパドレナージュは、リンパ管の不要物を排泄するという仕組みなのですが、リンパ管の中には、老廃物専用の出口があります。リンパ節は、脇の下や鎖骨、足の付け根等にあるのです。それに向かい、リンパドレナージュを行う事によって、老廃物を排出する仕組みです。

リンパドレナージュの施術方法と仕組みは、体の末端部分からそれぞれのリンパ節に向かい、流れを促 進させていきます。リンパドレナージュは、両手の指先で痛くない程 度の力を入れ、ポンプを押し上げるようなイメージで、体の下から上の部分へマッサージすると効果的です。リンパドレナージュはこれといって強い 力は必要ないので、自分にちょうど良い力で行えばよいのです。 間違って強く刺激して痛い方がよい、と勘違いしている人もいますが、それは間違いですので、 気をつけましょう。もみかえしがもしきたら、それは例えば、力の入れすぎ、といことになるので、 強さの加減がいります。揉み返しが来るくらいのほうがよいと思う方もいますがそれは勘違いです。

その6リンパドレナージュの力加減

室内

リンパドレナージュをの仕組みで施術を行う場合、痛い所に力を入れることは行ってはならない事を基礎的知識として覚えておきましょう。やさしい力でゆっくりとリンパドレナージュの仕組みによる施術を、何度かに分け、リンパが流れるようにする仕組みになっています。リンパトレナージュを続けていく事によって、流れを改善する事が可能なので、痛みを感じた場所も、徐々に痛みがなくなっていく仕組みになっている事を基礎的知識として覚えておきましょう。

エステサロン等でも、しみやしわ、むくみ解消等のコース内容に、リンパドレナージュが含まれている事が多くあります。自分でするのが面倒で、お 金や時間に余裕があるのであれば、プロの方にお願いすると良いでしょう。心地良いだけでなく、体中がすっきるし、リラックス効果までも得られる 事もリンパドレナージュの仕組みの基礎的知識として覚えておきましょう。繰り返しますが、通常のマッサージと違って痛みがないので、マッサージ中、 そしてマッサージの後まで余韻に浸れる気持ちよさがあるのがリンパドレナージュなのです。

ぶれないスロー

ポイント 最近、特にひどく疲れを感じる人、ストレスを感じる人などは一度、リンパドレナージュの含まれたコースを受けに行かれると効果的です。また、サロンだけでなく、マッサージの仕組みを覚えれば、自宅で家事の合間等にリンパドレナージュを行えます。

また、自宅でリンパドレナージュを行うのであれば、強い力を入れすぎない事が大 切になるのも基礎的知識です。力を入れすぎてしまうと、肌を傷つけ てしまうのです。リンパドレナージュを自宅で行う際には、優しい力 を心がけるようにしなければならない事も仕組みの基礎的知識です。 また。リンパドレナージュが終わった後は、見違えるように顔がすっきりす るので、正しい仕組みと方法と基礎的知識を理解しましょう。ここまでご 紹介いたしました、リンパドレナージュの仕組みの基礎的知識、いかが でしたでしょうか。お肌の悩み、健康面での悩み、リンパドレナージュ によって改善の兆しが見えたかと思います。ご自身でリンパドレナージュを行う、と なると継続するのが大変かもしれませんが、それによって、健康になれるのであれば、 やる価値はありますよね。ここまでご紹介した内容がご参考にして頂ければ幸いです。